娘と母のコラボレーション。


6D9D8176-8921-44F7-A7D1-C91D45BE8E2E.jpeg
09E1CC1D-DD59-42F8-85CE-A7481228F64F.jpeg
よみうりカルチャー恵比寿のレッスンがありました。アトレ恵比寿のエントランスのお花はコンロンカという可愛らしい涼やかなお花がお出迎えです。

レッスンは夏のガーデンをイメージしたアレンジメントです。
花材はりんどう、トルコギキョウ、スプレーマム、ヒマワリ、ヒペリカムそしてクルクマ。
0C47E74E-0E8C-46B4-AD3B-11C98D640AC1.jpeg
12B5524D-A9DF-4BCD-8DA3-2F18BEDD6661.jpeg
0095213B-24EB-4668-A440-80E1DCE872F9.jpeg
ADEA37D7-47F9-4B1B-8129-D9C8F51CF062.jpeg
クルクマはグリーンとブラウンが微妙な色合いを醸し出していてヒマワリとも合いますね。
A3BDF6F1-9E8B-4ACA-AF04-D119D729E879.jpeg
母の庭からのグリーンに色あせた紫陽花もナチュラル感が出ますね。
スプレーマムもミニヒマワリみたい。
6D3A98C4-6525-42B5-9972-3ABA79D9ECF4.jpeg
もう一つの形はクレッセントです。
02FDCA35-AC52-4940-91C8-A4C47E490089.jpeg
0053CDCF-D000-4D79-BE7E-A67FF6949092.jpeg
生徒の皆さんにもブラックベリーのコンポートをやっとお渡しできました。
早速パンと頂いたとメールが来ました✨

さて家に戻ってアレンジメントを活け直して撮影をしました。
CDEE49E1-07DF-4188-AFBD-0F393F3BDA11.jpeg
次女がさをり織りを織っていますのでその作品と一緒に。
お花と織物のコラボレーションは最近の私のお気に入りです。
この織物は「那須高原の思い出」というタイトルで、イメージで織っていきます。
家族で行った那須高原の青い空、木々の緑、お花たちのようですね。
34843197-3DCE-4F1F-90B3-43D17187F107.jpeg
ちょっと場所を変えてもう一度撮影してみました。
F269490C-9C52-4FAB-8C94-EFA4E549C118.jpeg
これからも娘と母のコラボレーションを楽しめたらいいなぁと思います。

お庭のミニ菜園はもうこれでおしまいみたいです。あとはミニトマトが撮れそうかな。
BC577752-8DCE-4538-86E1-ECA451E6DB18.jpeg
庭のハナトラオは今年は猛暑で少し細めで少ないですが咲いています。
559DCA05-6E58-401A-B28A-E90B0FE9E838.jpeg
パソコンが壊れてしまい修理依頼しましたが、お盆でまだまだかかりそうですね。
スマホからの投稿をしています。

長野へのお墓まいりとフラワーケーキ。

ちょっとブログをお休みしてしまい久しぶりの更新です😅
皆さま、暑中お見舞い申し上げます🍀
841F6F1E-DE66-4851-B8C9-6E0F843A84E9.jpeg
叔母の新盆の法要のため長野に行ってきました。篠ノ井線の姨捨駅から撮影した風景です。
撮影してからネットで知りましたが、この姨捨駅から善光寺平を見下ろす景色は「日本三大車窓の絶景」に数えられているそうですが、スマホでの撮影でこれで精一杯ですね。

姨捨駅です。名前の通り日本の民話でも有名です。小さい時から母の実家に行く時に通る駅で、子供ながらに怖い名前の駅と思っていました。
8892B100-FEA1-47E8-9D33-575617AD5294.jpeg
その駅から二つ目の「聖高原」が母の実家があったところです。
以前は「麻績」(おみ )という名前の駅で、昔は養蚕が盛んな地域だったそうです。
54A213B6-B93D-4C7A-ADC7-B48744839617.jpeg
法事の帰りに、父母が眠る善光寺の雲上殿のお墓まいりも行ってきました。
88525DC2-A085-443D-8D21-692418CED1E6.jpeg
お墓まいりも終わって、虫大好きな孫との夏休みも過ごしています。
近くの公園にカメラを持って2人で行ってきました。
487BAAF1-C057-4E82-9E74-F7BC4E7B70A8.jpeg
虫好きな孫が撮影した写真です。
A1E9F988-61CC-42B1-82F6-4EB120FB23CD.jpeg
カルガモも数は少なかったですが何かくれるかなと寄ってきました。
52E8DD9A-CF51-46E4-A328-4B95F5C0F137.jpeg
C85934F6-E8BB-4724-9EEB-396915F10C41.jpeg
暑くて嘴を開いているカラス。
757E059F-ECA1-4329-8C49-00243D303A5B.jpeg
猫ちゃんも涼しいところでお昼寝。
C6F89CC5-942C-48BA-8556-776DA61540A3.jpeg
こんな感じで「チビッコ虫博士」のカメラ小僧さん。
824C7438-0746-429C-96FA-CC854E942828.jpeg
池のほとりの紫陽花、まだ綺麗に咲いてました。
AD3E08E4-161A-4C09-8F54-74B97F404FC2.jpeg
上を見上げれば緑の紅葉です。
90B8D744-1E5C-48CB-8320-7DB1C72193D8.jpeg
この暑さですので、先日のサンデーフラワーアレンジメントのレッスンは「フラワーケーキ」にしました。短く切って丸いオアシスに挿しますので花持ちはとってもいいです。

C1630F73-FBAB-40FA-BB67-5919675FC753.jpeg
スプレー菊、スプレーカーネーション、スターチス、ヒペリカムなどを短く切って、ケーキのようにしました。
8BA0065E-C12E-437C-BE07-38A2573C2580.jpeg
テーブルの真ん中に飾って、夏を涼しく過ごしてくださいね🌺

8月の紫陽花と夏祭り

朝から暑い日が続きますね。朝の30分だけのウォーキングだけはご近所のお友達と続けていますが、そのほかは出来るだけ外出を控えています。
6月にピークを迎えた紫陽花は少しグリーンに色褪せてきましたが、アレンジメントの中に使うのがこの時期大好きです。
A6524337-B7B2-40FB-8DC6-81F243A3E82A.jpeg
鮮やかな黄色のスカシユリなどと一緒に活けると全体のイメージがとても落ち着いてシックにまとまりますね。
紫陽花はそのままドライフラワーになってしまっても楽しめるのでこの暑い夏にはおすすめです。
6A84A527-A2CC-4B63-AE74-F653FCD69A7C.jpeg
お花のレッスンでの生徒さんの作品から。
🍀MHさん  イギリスで陶芸作家さんが作られたフリルがステキな花器に活けました。
バラはお気に入りのオールフォーラブです。
5E538C85-7CD6-4064-BCF4-7FE6E8224877.jpeg
少し上から見てみるとお花がたくさん入っているのが分かるでしょうか?どの方向からもお花が見えますね。
07ABB8E8-D789-4455-998A-9F764DE1D7F0.jpeg
🍀YAさん。真っ直ぐなラインが美しい不等辺三角形という形に活けました。
AE5DBC87-AEAA-4B0A-A7E8-9C9D4C155EF3.jpeg
🍀EIさん。ガラスのスタンドに涼やかにアレンジしました。
4BA5193F-75C2-4484-8150-BED866A2F2CF.jpeg
上から見るとスターの形に活けてあるのがわかりますね。パーティーの真ん中に飾ると華やかな形です。
1572DFD4-AF14-404F-B896-28CA05981D78.jpeg
そのあと秋の試験に向けてリースもお二人はレッスンしました。
32B41643-2D07-4F0B-88B6-F68876E15C68.jpeg
庭のお花はこの暑い中でも健気に咲いています。
🍀オニユリ
F9439E66-4046-4A81-BF77-C114BB81F1A9.jpeg
🍀コスモス。気が早くもう咲き始めています。
D5C3784A-3640-4539-B9C7-64B6699F07E7.jpeg
C0E499F8-DC58-4DF5-9B1D-5FD40AE8E873.jpeg
🍀カクノトラオ、毎年庭にこぼれた種が芽を出します。白いカクノトラオはekoさんのブログで拝見しましたが我が家はラベンダー色です。
A2F01E5D-8836-488E-9F9A-489940FB8151.jpeg
🍀オオベンケイソウ(名前を長さんに教えて頂きました。)以前花市場で切り花として仕入れ、アレンジメントに使った後、地植えでも鉢植えでも挿し木で増やしました。夏の暑さにも負けずに良く咲いています。
E7A3F21E-6BDC-4583-8CE3-E7D5A711F882.jpeg
🍀昨日の我が家の収穫です。
ミョウガがたくさん採れてせっせと甘酢に漬け込んでいます。インゲンはサラダに天ぷらに大活躍してます。
4A2CAF97-86C3-4811-8BD0-81BAD87B06EF.jpeg
8月3日に団地のお祭りがありました。
250世帯くらいですので結構盛大です。
毎年、焼きそば、焼き鳥、かき氷などみんなで手作りします。
今年も生ビールの係のお手伝いを娘と一緒にがんばりました。猛暑で、飛ぶように生ビールが売れましたよ。
涼しげなかき氷は4種類あります。
団地のお祭り、年齢が上がってきて、ちょっと大変ですが、日本の夏の良さをこんな身近なところで感じるのがいいなぁと思いますね。
436FABEA-D4F3-4805-8623-9A7E70029248.jpeg

アンスリウムとブラックベリーコンポート

本格的な猛暑の日々ですね。
少しでもアレンジメントが長く保てるようにと暑さに強いお花、アンスリウムをメインに活けました。
45EC7BAE-CF1B-4954-9BBD-4FC17B229393.jpeg
サンデーフラワーアレンジメントのクラスのみんなの作品です。暑い中、みんな遠くから通ってきて、楽しく活けました。
01038AEA-6D6D-4C35-B2BB-905D30950E9A.jpeg
アンスリウム、スカシユリ、姫ひまわり、ヒペリカムなどです。
20A1A0B2-F22E-42A0-B007-583F957C0259.jpeg
3E095896-2660-4B87-85EC-A2547A9BB5FE.jpeg
庭のブラックベリーがいよいよ全部黒く熟しました。
今年はなんと10キロにもなりました。
毎朝、黒くなったブラックベリーを採り、洗って保存袋に入れてすぐ冷凍しました。
1キロずつの保存袋が10袋になり、さすがにもう冷凍庫がいっぱいになりましたので、加工し始めました。
冷凍庫から出した1キロのブラックベリーです。
15D0319C-E93D-46DB-AC99-7BBD3F033FC3.jpeg
1キロに対して250グラムくらいのお砂糖を入れています。標準は300グラム以上が多い中、かなり少なめです。
67F26992-D52F-4AE4-A251-D1C3659691B0.jpeg
電子レンジで何回か熱を加えます。
真っ赤な色鮮やかなブラックベリーになります。ポリフェノールとビタミンCがたくさん含まれていて、抗酸化作用を持ち アンチエイジングに効果ありとのことで嬉しいですね。
46188E66-6E30-41FC-8F27-C3EF6327B465.jpeg
以前は種子を濾して、滑らかなソースやジャムを作ってましたが、今はこのまま瓶詰めにしています。
「ブラックベリーコンポート」ですね。
種子にも食物繊維やポリフェノールの栄養があるそうなのでそのままの方がいいかなと思います。
1572D804-16BC-4F80-9009-D600A1B34515.jpeg
F23FE181-21C3-4791-A638-226609514385.jpeg
0B17B224-BCBC-40AB-9F4E-455B7E5CEFC4.jpeg
ご近所のお友達、お花の生徒さんなどいろんな方々に毎年この瓶詰めが出来たらプレゼントしています。
我が家では毎日のヨーグルトにかけてブラックベリーを楽しんでいます。
冷凍もできるので一年分を保存します。

蓮田のひまわり畑で。

「埼玉のひまわり畑」を探していましたら、なんと車で40分位の所に広いひまわり畑があることがわかり、今朝、晴れ間が見えましたので早速家族で行ってきました。
蓮田市根金にある「蓮田ひまわり畑」です。
54825900-358A-4C4B-A79D-95B11F5C68E6.jpeg
15000平方メートルの敷地に15万本のひまわりだそうです。
市民による手作りのひまわり畑というのも素晴らしいことですね。今年で2年目とのこと、こんなに近くに素晴らしいひまわり畑を楽しめる所があったなんて本当に幸せ。
C3A7F06A-6EAD-45E3-B21D-703F1F3D8656.jpeg
昨夜の大雨の後でしたので心配しましたがほとんどは元気に青空に向かって咲いていました。さすが元気印のひまわりさんです。
7C0CB43F-B02D-46F6-B76D-AF7FD22720CC.jpeg
蜂さんがひまわりの蜜を求めてたくさんいてびっくりしました。働き蜂はとても忙しそう。
0D72B059-3654-4FA3-A386-03E45AB3407B.jpeg
仲良しさんもいましたよ。
B209E265-4DFB-41C0-BF0E-5AF60FCED4C0.jpeg
一本だけ後ろ姿になってますね
555B450D-8282-4711-9D7E-B65BD3B0A8DD.jpeg
青空に向かった大輪で、蜂がいっぱいです。
16A59151-27A7-416F-9FA1-55D5897FB1EE.jpeg

EFEB2B60-FC5B-43E3-BA5D-8189BDF416D3.jpeg
まだまだ蕾がいっぱいありますのでしばらく楽しめそうですね。蕾もがっちりしてます。
4182B44A-6DB5-4B4B-BB06-6040E24D7532.jpeg
背の低いひまわりはキッズスマイルのようです。子供たちが見られるようにと植えたそうです。小ぶりで優しい色合いで好きです。
A44A9C5B-6D75-4422-A2FB-4B63D10185BA.jpeg
85ECEE44-46A6-4A5E-BE04-3D726D7A6CAA.jpeg
C76D03CC-8ADE-48E3-93DD-756948A9702E.jpeg
DC0BA934-FD25-4872-884B-D1E0749CAB6C.jpeg
3F2041C3-5465-4406-B2A7-F116B3F11E6A.jpeg
616CD105-44C7-41D9-8F48-599D3B03508B.jpeg
F68C7FA0-BB42-4F2A-8296-326CAAF5D4D1.jpeg
青空を撮ろうととしたらひまわりの後ろ姿になりましたが、後ろ姿も逞しくていいなぁ。
88B20A41-478B-439D-AC53-73CADD2F811B.jpeg
今日の最後の一枚は青空とひまわりにします。
E6986856-B47F-4863-9AB9-E45F06B5C8E5.jpeg
8月4日まで開催とのことなのでまた訪れたいと思います。

国立西洋美術館「松方コレクション展」のモネの睡蓮に逢いたくて

埼玉も昨日から快晴のお天気になり、梅雨明けました。気持ちも軽くなり、上野の国立西洋美術館で開催中の「松方コレクション展」を見に行ってきました。
21C71ED0-2E94-4E45-9CDD-915C66C70BE3.jpeg
上野駅付近は夏休みになり大変な人出でしたが、美術館は思っていたよりも混雑していなくて、なんと3時間もゆっくり見てきました。
BA315ED2-ACED-4C69-9918-BE1FD9409FA5.jpeg
パンフレットの表紙になっているモネの睡蓮の池からスタートでした。正方形のキャンバスに咲いた睡蓮の色合いが素敵ですね。

0D917BC3-F99A-48F5-B429-68AECE2DDF71.jpeg
1916年から1927年までに3000点以上の美術品をロンドン、パリで買い集めた松方幸次郎さんがいたからこそ、私たちがこの素晴らしい美術に触れることができる幸せを思いながら見ました✨
写真は全てパンフレットをスマホで撮影したものです。
34D0BB6F-A058-47F0-B172-E5325B41C093.jpeg
今回は美術館60周年記念で160点という沢山の名品ばかりで見応えがありました。

フィンセント・ファン・ゴッホの「アルルの寝室」この絵はフランスから返還されずにオルセー美術館の所蔵で、共同生活を送っていたゴーギャンを襲った翌年に描いたとのこと。
C67635FA-E3CC-4602-A97A-19FFF7567C06.jpeg
ジョン・エヴァリット・ミレイ「あひるの子」みにくいアヒルの子を連想させるらしい。ドレスに身に包んだ強い眼差しの少女の足元の靴が破れているのとアヒルの親子を描いていることで。
63DDDCB9-1ADD-4FE2-BF3E-C4A9A89FB292.jpeg
ルノアールの「帽子の女」
F79E08CF-CF39-444F-BBE8-D6384E4794EA.jpeg
オーギュスト・ロダンの「考える人」
E340AF43-7C14-4FEE-BB79-5A4CA6BE9CA0.jpeg
モネの「幻の睡蓮」が1年の修復を終えて今回初めて公開されました。これは修復前で、実際の修復後はパンフレットに掲載なくて残念ですが、縦2メートル、横4.25メートルの大きな作品でした。
09A24AA1-D95F-48F7-BF38-B5F1C7792132.jpeg
修復後は睡蓮が見事に咲いていて、池、柳の色も再現されしばらく絵の前に佇んでいました。
常設展でひとつだけ撮影したのは
「バラをつけた女」
345B6042-C7AF-4B0B-9DDD-7E500D8E58F9.jpeg
美術館の中で3時間も集中して楽しみましたので、外に出たら現実の夏の暑さと沢山の行き交う人々でどっと疲れが。
20F5FCC7-D57E-431A-8481-B0D93F047C94.jpeg

上野駅のアトレの中の麻布茶房でひと休み。
絵画の余韻に浸るひとときです。
28A14B1A-0F6A-4C33-B465-B1908D5F277A.jpeg
家に戻りましたらお友達から沢山の手作り野菜をいただきました。嬉しいですね。
32393662-CC9F-4E9E-9086-B19390653155.jpeg
4D79141B-39D4-4186-B37D-064C7A9AEFB8.jpeg
昨日の我が家の収穫です。
D4E818C8-8373-4BA9-8B7A-3FE10A72B990.jpeg
写真を撮るのを忘れましたがミョウガがたくさん採れて早速甘酢漬けにしました。
39DEEBF6-D0D4-48AF-9052-59A3605D173B.jpeg
昨日は16000歩も歩いて美術館への楽しい一日でした。

〜すべては愛のために〜「オールフォーラブ」

最近お気に入りのバラ、ピンクの大輪のバラ、オールフォーラブです
1EAC9D7A-0DAC-496B-97DF-B7D02DA5932E.jpeg
山形産のバラだそうで、とても華やかなので先週のレッスンでは何度も仕入れて使いました。
今日我が家で活け直して窓辺に飾りました。
ガーデンに咲いているようなナチュラルな活け方です。
オールフォーラブ  all for love すべては愛のためにという素敵なネーミングのバラ、プロポーズの時に是非使って頂きたいなぁと思います。
78B10A25-9777-427B-A02B-5676F3D58E69.jpeg
窓のところに座っているお人形さんは長女が生まれた時にお祝いに頂いたお人形で、飾り棚の中でずっと座っていましたので40年の月日の流れを感じないほど可愛らしさはそのままで今日久々にお花と一緒に飾りました。
93574C8D-3BBB-4E47-918A-3B340E9F785D.jpeg
読売文化センター恵比寿でのレッスンでは
クローバー♣️の形で活けました。
このバラはラブリーガールです。
91FA6894-924E-4C32-9D0A-B01DAC696A31.jpeg
Kさん
FC893E2B-6005-4A10-BFED-265F553BF383.jpeg
SKさん バラはオールフォーラブです。
A6E8E2C3-25F7-4D63-BBDC-44FC8D646A6B.jpeg
KIさん
96DED537-431E-4F6A-99C7-5C335B827E0A.jpeg
YAさん
321A14E3-616D-458E-9D81-B3991E82E809.jpeg
楕円形もオールフォーラブのバラが入っています。
82E01C12-DC43-4094-9E4A-3BECF64596EA.jpeg
上から撮影すると
5D22434A-997D-4CF7-8C56-EA0CB1822B37.jpeg
KTさん
8AF2980A-E8A6-4841-9F56-62F01B8375EA.jpeg
最後は我が家の庭に咲いているお花たちです。
早々、コスモスが咲き始めました。
599D8CAA-4F93-47E8-A178-FDF6FAED38FF.jpeg
紫陽花もまだ咲いていますね。
3FC0C06E-4D1F-4880-81AC-4794EF06225D.jpeg
ハツユキカズラも元気です
B5DDB92D-C3D4-4EC9-8BDC-8A93616EBEA3.jpeg
半夏生も爽やかに
7AE85C14-A7A7-42E3-AD46-0F795E258DB1.jpeg
毎日ブラックベリーとミニトマト、ナス、シシトウ、インゲンが少しずつの収穫です。
0350A78C-7845-4D44-853A-320462DB26F4.jpeg

行田の古代蓮と蜂さん

ブログ更新がなかなか出来ずにいましたが、先日、古代蓮を見に行ってきましたので投稿したいと思います。
我が家から車で1時間ほどの行田市に「古代蓮の里」というハスの名所があります。
4D4AD0AB-536B-44A2-B937-FE6AEF920DA4.jpeg

この古代蓮は1400年~3000年前のものと考えられています。想像が出来ないくらい古いものですね。
昭和46年ゴミ焼却場建設中に、土の中から出てきた種子が自然に発芽したのだそうです。
すごいことですね。
ゴミ焼却場から移植して今では10万株にまで増えたそうです。

7月10日に訪れましたが見頃を迎えていました。
CA281487-5B7D-4940-A359-3F16D300D26C.jpeg
ハスの花もきれいですが、大きなハスの葉のグラデーションもとてもきれいですね。
09895456-F3A7-43FB-9445-B25B42F7B322.jpeg

二つ並んで可愛かったです。
3AC1A062-A1C6-4F64-8498-02F3259B730D.jpeg

9E88C572-5074-4D56-A7AF-0D517C47F5DD.jpeg

ハスを撮影していると1匹の蜂さんが葉っぱの縁に止まっていましたよ。
ハスを見ているようでしたね
0A9D97CA-A6D8-45EB-8BF1-1B4E1A5A171E.jpeg

蜂さんにピントを一生懸命合わせるとなんとこっちを向いていますよ👀
蜂さんのお目々が本当に可愛いですね。
カメラ目線がしばらく続きました
DSC_0417.JPG
ハスと蜂さんのこんなショットが撮れてとっても嬉しくなってしまいました。
ブログの皆さんが鳥やトンボや蝶々と一緒のショットを撮影している楽しさを感じることが出来ました

空に向かって咲いている元気のいいハスも素敵でした。
48450CAA-6C6B-463F-B416-1CD76776D343.jpeg

少しずつですがリニューアルしたブログに慣れてきたような気がします

バラのスペードとミニトマト

7月に入り、ブログリニューアル後、遅ればせながら初投稿します。
恵比寿アトレのエントランスのお花も鮮やかなブーゲンビリアに変わっていました。
造花かと思うくらいですが、ちゃんとフレッシュなお花でした。
F5DA97B0-22A9-4B22-AB03-A9A74B671EAC.jpeg

窓際のブーゲンビリアも素敵でした。

D3858DCA-440B-4C4E-9587-C945F1663D8D.jpeg
少しでも爽やかなお花をと思い、クリーム色でフリルが可愛らしいバラ、スペードです。
B8B15FD5-F8A0-4099-BDA2-DE2834425470.jpeg
幅の狭いトライアングルを活けました。
白いトルコギキョウ、姫ひまわり、ヒペリカムなど。ユリはまだ咲いていませんが硬いつぼみですのでアレンジメントの中咲いていくでしょう。
6B334D67-D7AC-4DB6-A8C1-99117E316932.jpeg
127BDB8B-0E74-4F23-AC44-DD313931FDF3.jpeg
C1ADDE10-148D-4AD6-B5AA-C8A858D31DB0.jpeg
732B3E99-BB2A-4334-83C3-CFCF57BDD6CB.jpeg
985A91B4-42B4-4E91-B9FB-D6FA45C3CC6F.jpeg
家に戻り活け直して窓辺で撮影しました。
DF6C1F84-FB81-4C8F-8E05-B075FD0D2E04.jpeg
5月、母の日に息子夫婦が庭に作ってくれた小さな菜園の野菜たちの実りの時になってきました。
今日の収穫です。本当に少しずつがいいですね。オクラは初めて今日一本取れました。
インゲンは毎日このくらいとれて柔らかいので嬉しいです。
F025B64B-5C88-41F5-B0E0-00B730373B9D.jpeg
これは昨日です。ブラックベリーは毎日たくさん取れるようになりました。今冷凍庫にいっぱい。まとめてジャムにすら予定なんです。
A2CFBC8D-A959-4044-9DB3-3D1929FAE699.jpeg
ミニトマトはグラデーションがとても可愛らしくてつい撮影してしまいました。サントリーのデザート感覚のトマトだそうです。
42103581-10D2-4810-A5D2-736F6CC881A6.jpeg
ちゃんと投稿できるか心配ですが
上手く投稿できますように💕

母の紫陽花のアレンジメント

紫陽花がどこも一番美しい季節ですね。

母の庭の紫陽花をアレンジメントに生かしてみたいと思う日々です。

先日の恵比寿のレッスンでのお花に紫陽花を加えて活けてみました。
画像


花器はパール調(真珠)の鉢カバーです。鉢カバーは穴が下に開いていますがセロファンなどを敷く事で水が漏れませんね。
画像


花器に合わせて、パールを飾ると統一感がでたりします。もちろんイミテーションのパールなんです。
画像


母の庭の紫陽花を飾ることで、とても近くに母を感じます。
母の笑顔、母の言葉を思いながら。
画像


昔、私が学生だった頃生け花を習っていたのですが、その時に使った紫陽花を母が挿し木にして、家の裏で育てたものなのです。
母と私の長い長い年月の流れの中での紫陽花。

画像


これからもこの紫陽花を心を込めて活けていきたいなぁと思います。

また最近の雨が続き庭のブラックベリーが黒く熟してきました。
画像


ちょっと可愛らしいブラックベリーも。
隠れミッキーというより、犬かなぁ。
画像


また先日、家族でドライブしている時に空を見上げるとGさんのブログに登場の可愛いアヒチャンに似ている雲がひょっとして私だけそう見えてしまうのかもですが(笑)

画像


いつもブログにいらしてくださってありがとうございます

バラのスイートアバランチェと紫陽花

画像


恵比寿のレッスン、先週の木曜日でしたのでちょっと前です。
紫陽花の色も濃いめに変わっていましたが、爽やかですね。
画像


花材はバラのスイートアバランチェ、ピンク色のトルコギキョウ、ナデシコ、ブルーファンタジーです。
画像

ラベンダー色のアルストロメリア。
画像

グリーンのヒペリカム
画像


お馴染みのラウンドです。SKさん。
画像


YAさん。
画像


KTさん。
画像

KIさん。花器をご自分で持ってきました。
画像

さてなんの花器でしょう。なんと使わなくなった照明器具のガラスカバーだそうです。そういえば立派な花器になりますね高価なクリスタルのガラスの花器のようです。
お家の中をぐるっと見回したら、花器になりそうなものがきっといっぱいありそうですね。
画像


Lエルシェイプに。白いオリエンタル系のユリはシベリアですがまだ咲いていませんが、飾っているうちに華やかになりますね。
画像


Kさん。
画像


おまけの写真です。
画像


この日は私のお誕生日でしたので夜、近くのお気に入りのイタリアンレストラン(ボアトスカーナ)に家族で行ってきました。

デザートはお店のお任せプレートですが毎回違ったデザインでお花を甘いソースで描いてくださって花好きにはとても嬉しいものです。
画像

いくつになってもお誕生日のケーキは嬉しいですね。

最後は亡き母の家の紫陽花です。
母の家を見に行ってきましたら、見事に咲いていました。
画像

画像


いつもブログに訪問して下さってありがとうございます。





紫陽花とブラックベリー

埼玉は今日は一日雨で、庭のお花や野菜の苗にとっては久し振りの嬉しい恵みの雨です。

昨日晴れている時に庭の紫陽花を撮っておきました。
てまりてまりという紫陽花。
画像


画像


画像


画像

ダンスパーティーは本当にダンスを踊っているようですね。
画像


画像


画像


画像


画像


長女家族から毎年母の日または6月生まれの私の誕生日に紫陽花の鉢植えをプレゼントしてもらっています。

お花の仕事をしているとお花を頂くことがないのでとても嬉しいプレゼントです。

しばらく紫陽花を鉢のまま飾って、お花が終わってしまうとひとつひとつ庭に地植えにしてきました。

このダンスパーティーは孫が小学1年生の時のプレゼント。もうその子も中学2年生。
子供もお花も確実に成長していくものですね。
同じように育つこの紫陽花、大切にしたいものです。
画像


そしてブラックベリーも少し赤くなってきました。
画像


画像


画像


紫陽花とブラックベリー、6月の庭を彩ってくれています。


いつもブログに訪れて下さりありがとうございます。

カラーのピカソと芍薬の白雪姫。

紫陽花の美しい季節を迎えましたね。
しばらくブログをご無沙汰してしまいました。
少しずつ再開していきたいと思いますので宜しくお願いします。
画像


恵比寿のレッスンがあり、アトレ恵比寿のお花も紫陽花に変わっていました。
画像


レッスンでのアレンジメントで使ったお花です。

大人っぽい色合いのカラー、なんと「ピカソ」というネーミングがついてます。
画像

ヒマワリやシックな色合いのトルコギキョウ、バラはゴールドストライクです。
画像

画像

画像


SKさん。
画像


KIさん。
画像


YAさん。
画像


KTさん。
画像


白雪姫という可愛らしい名前がついている芍薬。
画像

ラークスパー(千鳥草)、トルコギキョウと。
画像


ファンの形で華やかに。
画像


Kさん。
画像


芍薬は「華燭の典」、本当に名前の通りですね。
画像


自宅に戻り、活け直して窓辺に飾りました。
画像


ピカソのカラーがいい味を出してるかな。
画像


画像


黒の花器に活けましたので、黒白の亡き愛猫のココ(本名ココロでした)の写真がぴったりしました。
画像


いつも窓辺に飾っているココの写真、すっかり色褪せてしまいましたが。

18年間、ずっと私の側にいる優しい猫でした。
お花のレッスンの時も庭にいる時も家事をしている時もいつもいつも私の側にいました。

この写真もお向かいのお家のお嬢さんのウエディングブーケをお作りした時の写真です。カメラを向けるといつも一緒に撮ってと言わんばかりにココが入ってきました。

懐かしい一枚です。




芍薬とブラックベリー。

画像


読売文化センター恵比寿のレッスンがありました。アトレ恵比寿のお花は初夏らしく、ジャスミンとデルフィニウムがお出迎えです。

レッスンではプリンセスマーガレットローズという素敵な名前がついた芍薬を使いました。
画像


バラはブルーミルフィーユ。外側の花びらは枯れているわけではなく、シックな色合いのピンクがミルフィーユのように重なっているんですね。
画像


クレッセントのアレンジメントです。
画像


芍薬がみるみるうちに大輪に開いてきました。ラインを出しているのは千鳥草です。ラークスパーとも言います。ラークはひばりという意味なので、英語も日本語も同じように鳥をイメージした名前が付いているのが面白いですね。
画像


YAさん。
画像


SKさん。
画像


KIさん。
画像


トライアングルは初級用です。
画像


バラはカルピデュームというフリルがいっぱいで華やかです。ベロニカも庭に咲いていそうなお花でナチュラルですね。アルストロメーリアは蝶々が飛ぶように活けてみます。
画像


まだ3回目のKさんも楽しく生き生きとお花を活けました。
画像


我が家に帰ってきたら、ブラックベリーのピンクのお花が少しずつ終わってきて、グリーンの実を沢山つけ始めていました。
画像


画像


少し前は可愛らしいピンクの花がついていました。
画像

少し赤くなってきた実もありますね。
画像


あと雅(みやび)というマイクロミニバラも満開です。
画像

こんなに小さな小さなバラが一生懸命咲いていて嬉しくなります。コサージュにも使えるので植えてみたバラです。
画像


フラワーアレンジメントのお花、お庭のお花と初夏の花の季節を楽しむ日々に感謝です。

鴻巣市ポピー・ハッピースクエア。

埼玉県鴻巣市のポピー畑に3000万本のポピーが満開を迎えています。
12.5haで、日本一の広いポピー畑だそうです。荒川の河川敷にカラフルなポピーが見事でした。

画像


真っ赤なシャーレーポピー。
画像


赤だけでなく白、ピンクが混じっているのもいいですね。
画像


画像


仲良しさんのボビー、お話ししているみたい。
画像


やっぱり可愛いふたり。
画像



世界でひとつだけの花のよう。
画像


カルフォルニアポピーの黄色と白をバーダーに植えてありました。計算されて植えていてさぞ大変だったことでしょう。
画像


画像


画像


画像

オレンジ、黄色、白が絶妙なバランスで咲いていました。
風に揺れるポピーは本当に美しい風景でした。
画像


画像


画像


ずっと歩いて行くと一面のムギナデシコ(麦なでしこ)が優しく風に揺れていました。

画像


画像


画像

ムギナデシコは別名アグロステンマといい、ラテン語のアグロス(畑)、ステンマ(王冠)という意味で、畑に咲く美しい花という意味とのことです。ヨーロッパでは麦畑に咲いている雑草として扱われてしまっているそうですが、立派に美しい花ですね。

画像


たくさんの小鳥のさえずりが聞こえていて、目にも耳にも美しい風景でした。
画像


心の中に「真っ赤なポピー」と「黄色と白のボーダーのポピー」と「優しい色合いのムギナデシコ」が風に揺れている風景で満たされています。小鳥のBGMつきで。

雨の中、東京都美術館とバラ。

画像


先日神代植物園にバラを見に行く予定にしていましたが、その日は大雨のために美術館に行き先が変更になりました。


東京都美術館(上野)で開催されているクリムト展に中学時代の同級生4人で行ってきました。

画像


19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)の没後100年を記念する展示会です。

(パンフレットから抜粋します)
初期の自然主義的な作品から分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる20点以上の油彩画を紹介します。と書いてあります。


初期の作品で「ヘレーネ・クリムトの肖像」で亡き弟の娘6歳の肖像で、1898年とありますので、130年前とは思えないほどですね。
画像

印象派のモネのような風景画です。
画像


全部見終わって出口を出たところに「女の三世代」の絵画では人が入って撮影場所するところもありました。でもリアル過ぎて写真だけにしました。
画像

滅多に見られないかも知れないクリムト展、日本画への憧れを持ち緻密なタッチと美しい色合いの絵画をゆっくりと楽しめました。
土砂降りの雨でしたので、ランチは美術館の中の精養軒で。

そして場所を変えて上野の赤坂茶房で、中学時代に戻るかのようにあんみつとコーヒーでお茶をしてきました。
美術館やお花や音楽が好きな4人。
何十年も前に戻っておしゃべりの花が咲きますね。
画像


土砂降りの雨も上がって家に戻りました。
バラのアンジェラは落ちてしまった花びらもありましたがまだ大丈夫でしたね。大雨、頑張りましたね。
画像


画像

スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)も雨に打たれたけれど色合いがより鮮やかになりました。
画像


画像


神代植物園には行かれなかったけれど今開催中のクリムト展の絵画をゆっくり味わって見ることができたり、友人達と楽しい時間を過ごせて、雨も悪くないですね。

与野公園のバラ園2019。

毎日初夏のようなお天気が続いていますね。空を見上げて雲を見るときが多くなりました。
画像


さいたま市の与野公園のバラ園に行ってきました。バラ約180種3000株が今の時期咲き誇っています。

画像


綺麗だなぁと思ったバラを載せてみます。
ほのか (京成バラ園芸 2004年作出)
画像

画像


クローネンブルグ (英国 1965年作出)

画像

画像


エイプリル イン パリ (米国 2008年作出)
画像


ムーンシャドウ(米国 1995年作出)
画像

ハイティクルムローズ(ドイツ2006年作出)
画像

恋心(京成バラ園芸 1992年)
画像

王妃アントワネット(フランス 2011年作出)
画像

ジャンジオノ(フランス 1994年作出)
画像


チャイコフスキー(フランス 2000年作出)
画像

花音(京成バラ園芸 2003年作出)
画像

ダイアナプリーセスオブウェールズ 1998年作出)
画像

月光(京成バラ園芸1999年)
画像

プリンセスチチブ (英国 1971年作出)
画像

画像


ルイの涙(ドイツ 2008年作出)
画像


カリフォルニア ドリーミング(フランス 2009年作出)
画像


バラの180種の中から心惹かれた品種を掲載してみました。

バラのほのかとクローネンブルグがやはり私の好みです。
画像


画像


皆さまはどんなバラがお好きでしょう?

5月、埼玉はもうバラがどこでも美しく咲いていて一年でも一番幸せな季節です。

アンジェラが咲きました。

この数日のお天気で、我が家の庭のバラ、アンジェラが咲きました。

画像


画像


画像


いろんな方向から撮影してみました。
バラの命はそう長くはないので、今綺麗なときに撮っておきたくて。。。
画像


画像

画像


画像


赤いバラも咲き始めました。
画像


ブラックベリーのピンクの花も沢山咲き始めました。
画像


近くのバラ園も見頃を迎える季節です。
バラ園やご近所のお庭のバラなどが咲き誇り、心癒される日々が続きますね。

母の日のお花。

昨日は「母の日」でしたね。
皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

画像


昨日は月一回のサンデーフラワーアレンジメント教室でしたので、みんなでお母さんのために心を込めてお花を活けました。

午前中のクラスは赤のバラを基調に赤い色合いのお花をバスケットにアレンジしました。
画像


アレンジメントはお母さんにあげる時の感じで手に持って写真を撮りました。(もちろん笑顔いっぱいのお顔入りですが、ブログはごめんなさい)
画像


午後はピンクとラベンダー色合いでお花を活けました。
画像


画像


お家に帰ってきて、お人形と一緒に撮影してみました。

画像


このラベンダー色のカーネーション、初めて花市場で見ました。
茎から色水を浸透させて作った染め花なのです。ナチュラルなお花が好きな私ですので、人生初、染めたお花を買いました。いつも人工的な染め花を避けていたのだと思います。

合わせるお花次第ではこのカーネーションも優しいアレンジメントになりそうで仕入れたのです。新しい試みはいつになっても大切ですね。
画像


画像


帰宅しましたら長女と孫たちから紫陽花のプレゼントが届いていました。
毎年、長女と孫たちからの母の日のプレゼントは紫陽花と決めているので、我が家の庭にはもう6つの違った種類の紫陽花が植えられています。
花の仕事をしているとお花を頂くことは皆無なので、本当に嬉しいお花のプレゼントです。

画像

マジカルシリーズとネーミングしてあります。小3の孫が選んでくれたそうで、シックな色合いをありがとう。
画像

グリーンからピンク、そして秋色も楽しめるそうです。
画像


しばらくこのまま楽しんで、お花が終わったら庭に植えてあげましょう。

バレエのイヴェントに花束を。

5月1日、平成から令和になり、GWが10日間も続き、やっと今日日常に戻りましたね。
GW中いろいろなことがあり、私のブログはお休みをしていましたが、皆さまのブログにこれから遅ればせながら訪れたいと思っています。

5月4日、ブーケを2つ作りました。

画像


バラ(プライムチャーム、ボヌール、グランス)、ダリア、カーネーション(バイパー、ノビオ)、カラーなど。
画像


画像


もうひとつは百合(パンドーム)、スプレーバラ(アイリーン)、白いバラを入れて。

画像


画像


ラッピングをして。
画像


この2つのブーケを持って出かけたのは、バレエ「ダーナの泉」というタイトルとバレエのイヴェントです。

岡本由利子さんという高校の同級生がバレエ曲を作曲し、長年の夢だったバレエの舞台をプロデュースをしたのです。

ちょっと分かりづらいと思いますのでパンフレットを。
画像


画像


パンフレットの文章もとても見づらいですね。冒頭の文章はこんな風に書いてあります。

私は自分の作曲したバレエ音楽が いつの日かバレエとして踊られる事を願って来ました。ケルト神話に題材を求め 聖なる泉の水をテーマにしたオリジナルストーリーをまず作り、その場面 場面での音楽をイメージして小曲を書き溜め 組曲にして行ったのです。

今回はその中の数曲が 公園後半でバレエ作品として踊って頂ける事になりました。
小編成による生演奏の音楽と共にストーリーテラーが特にバレエとコラボしながら物語を進行させます。

前半は子育て中に綴ったピアノ小曲集「母(ママ)の情景」と数曲の歌をお話を交えながらお届けします。

パンフレットにはこんな風に書いてありました。

そして由利子(ゆりこ)さんには百合を。
画像


画像


三人の子育てをしながら、ピアノと作曲をコツコツと続けていた彼女に心からの拍手を贈りました。

友達の才能にも驚きますが、彼女が人との繋がりを大切してきたこと、そして自分の夢を諦めずに努力してきたことに感動しました。

未だにその感動の気持ちを持ちながら心嬉しく過ごしています。