母のもうひとつのお雛様とお花。

画像


母の遺したお雛様、少し大人びた立ち雛も飾ってみました。
レッスンで活けたお花もちょうど見頃となり、啓翁桜も菜の花も満開です。

画像


画像


何事にも丁寧な手仕事が大好きだった母。木目込み人形を作っていた姿を思い出しながら飾りました。

淡い色合いの優しいお雛様、色々セッティングを変えて撮影してみました。
お花とお人形を横に並べるよりも奥行きが出ましたね。
画像


画像


最後にもう一度満開になったお花を。
百合はルレーヴ(フランス語で夢という意味です)
画像


そして最後に下の写真のアレンジメントは我が家のお向かいのK.Tさんからご依頼されたお花です。シニア大学で長らくご一緒だった86歳の方がお辞めになられることになり、お仲間達からのお花のプレゼントとしてお作りしました。
とても喜んで下さり、今もお家で咲いていく啓翁桜や百合を楽しんでくださっているそうです
画像


お友達のお別れの気持ちをお花が優しく伝えてくれていて嬉しいです

"母のもうひとつのお雛様とお花。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント